古くなった給湯器を交換して危険を回避しましょう

欲しい時に直ぐお湯が出る

給湯器

突然お湯が出なくなる

私達の生活に欠かせない「ガス給湯器」。使いたい時に直ぐにお湯を使え、お風呂に入りたい時に直ぐ入る事が出来るのは本当に有り難いですね。しかし毎日あたり前に使っている給湯器にも寿命があるってご存じですか。給湯器は室内にあるコントロールパネルと本体とに分かれます。本体の多くは屋外に設置される事が多いので、雨や風などの影響を直接受けてしまいます。設置場所の環境によっても変わりますが、一般的には8年から10年が給湯器の寿命と言われています。全く動かなくなりお湯が出なくなれば直ぐに故障と分かりますが、そうなってからでは遅いのです。普段から給湯器の働きをチェックして交換時を探っておくように心掛けましょう。給湯器の寿命が近付いてくると、「オヤッ」と思う違和感を感じる事が多くなります。例えば…「お湯の温度が一定でなくなる」「変な音がするようになった」「室内のリモコンにエラー表示が出るようになった」「お湯の出る量が減った」などの症状です。「オヤッ」と思ったら躊躇せず専門の業者に相談してみましょう。新しい給湯器を選ぶ時はどんな点に気を付けたら良いのでしょう。まずは家族の人数に対して給湯量が適切かどうかです。「1分間に何リットルの給湯が出来るのか」や「省エネ性が高いかどうか」「お風呂の追い焚き・足し湯機能があるか」「室内のリモコンの性能」など、給湯量や仕様によって値段も変わるので、自分の生活に適した物を選択するようにしましょう。専門業者は多くが無料見積もりをしてくれるので、こちらから色々と相談して、自分の生活にピッタリな給湯器を選びましょう。