古くなった給湯器を交換して危険を回避しましょう

機器が故障した時

給湯器は日々の生活を送る上で欠かせない機器です。この給湯器が故障してしまった場合はまず専門の業者に連絡しましょう。流れとしては、まず設置状況の確認、次に見積額の提示、最後に修理工事、アフターサービスの流れです。

給湯器

欲しい時に直ぐお湯が出る

私達の生活に欠く事の出来ない「ガス給湯器」。毎日当たり前のように使用していますが、給湯器にも寿命があるのです。「お湯の温度が一定で無い」「変な音がする」などの症状を感じたら、直ぐに専門の業者に相談しましょう。

女の人

交換工事の専門業者

給湯器が故障した場合には給湯器工事の専門業者に依頼するとスムーズです。業者を選ぶポイントは、豊富な在庫を確保していて迅速に工事に対応してもらえること、給湯器のレンタルを行っていること、工事を行った後のアフターサービスが充実していることなどがあります。

お湯が出ないと思ったら

男の人と女の人

給湯器は、熱源がガスであったり電気であったりと違いがありますが、水をお湯にしてから蛇口に出すということに変わりはありません。給湯器が何らかの理由で故障して、お湯が出なくなることもあります。特にお湯がなければ洗い物もできなくなる冬場は慌ててしまいますが、単にスイッチの付け忘れなど簡単な操作ミスが原因ということもあります。お湯が出ないなと思ったら、いったん落ち着いて説明書を一読することをおススメします。給湯器の中の部品が老朽化したために故障しているケースでは、その部分を修理しなければならなくなります。何の知識もないままに給湯器の中を覗いてみるのは、感電する恐れがあるため危険です。やはり専門の業者を呼んで、修理してもらうなり交換してもらう必要があります。給湯器が古い場合は、欠損した部品を取り付けてもらう方が新品を用意するより安くなりますが、他の部品も同様に老朽化しているため、再び故障する確率は高いです。故障するたびに業者を呼んで部品を交換するよりも、新品に取り換えた方がトータルとして安くなります。給湯器は10年を目安に作られているので、10年を超えている給湯器であれば、新品にした方がお得だと言えます。とはいっても、給湯器も使い方次第で寿命が短くなったり長くなったりするものなので、専門の業者に診てもらい、部品交換で十分なのか、新品に交換した方がお得なのか相談にのってもらいます。もちろん、他の業種と同様に、悪徳業者もいるのも事実です。慌てて、安い業者に飛びつくよりも、日ごろから慣れ親しんでいる業者に頼むことが大切です。